4日採決 内閣信任投票

2013年11月27日

4日採決 内閣信任投票・・・

(以下引用)

ギリシャのパパンドレウ首相は1日夜、緊急閣議を開き、ユーロ圏首脳会議で先月27日に決まった第2次ギリシャ支援策の受諾の是非を問う「国民投票」法案を、4日夜の国会(300議席)に諮ることを決めた。併せて内閣信任投票も行われる。

ロイター通信によると、閣議後に首相は「国民投票は、ギリシャの欧州での針路、ユーロ圏への参加を考える上で、ギリシャの内外に向けた明確な伝言となるだろう」「ギリシャがユーロ圏にとどまるのを誰も疑わなくなる」と述べた。

与党「全ギリシャ社会主義運動」の議員1人が1日、離党したため現在、与党は152議席。与党によると、3閣僚を含む少なくとも5人が国民投票に反対している。今後首相が説得に失敗すれば法案は否決され、政権が崩壊する可能性がある。

また、これに先立つ1日午後、ギリシャ政府高官は、3、4両日の仏カンヌでの主要20カ国・地域(G20)首脳会議の場でパパンドレウ首相が国民投票について説明すると発表した。

焦点は4日の採決だが、野党だけでなく既に複数の与党議員から「退陣要求」が出ている。内閣信任投票が否決された場合、内閣は総辞職する。その場合、憲法規定でパプリアス大統領が与野党の代表を集めて、(1)暫定政権発足(2)総選挙実施--などを決める。

一方、国民投票法案が可決された場合、ベニゼロス財務相は投票の実施時期として「来年1月」と語っているが、「数週間以内」(与党議員)という声もあり、年内実施もあり得る。

いずれにしても、1300億ユーロ(約13兆9000億円)規模の第2次支援策実施は大幅に遅れる危険がある。こうしたギリシャの動きで市場には支援策実現への懸念が高まり、ユーロが急落、欧米の株式市場は売り一色となっている。そのため、フランス、ドイツや欧州連合などは2日、緊急首脳会談を開いて対応を協議する。

国際通貨基金の規定では、当該国が紛争や内政問題で政権運営に支障を来した場合、支援金支給を停止することになっている。

1日のニューヨーク株式市場は、ギリシャの政局混乱に伴う欧州債務危機深刻化への懸念が再燃し急落、ダウ工業株30種平均は前日終値比297.05ドル安の1万1657.96ドルで取引を終えた。ハイテク銘柄中心のナスダック総合指数は同77.45ポイント安の2606.96。また、同日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが売られ、ドルに対して3週間ぶりの安値水準を付けた。

ギリシャのパパンドレウ首相が10月31日、欧州諸国が前週に合意した救済策の受け入れの是非を問う国民投票を行う意向を表明。否決されれば、救済策が実施されず、ギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥るとの懸念が高まった。1日のニューヨーク株式市場では朝方から金融株を中心に全面安の展開となり、ダウ平均の下げ幅は一時、前日終値比320ドルを超えた。

—————————————————-
岡山 風俗むーぶ